ホーム>お客様へ>タクシーこども110番

タクシーこども110番

平成18年12月1日から「タクシーこども110番」をスタート!

全国各地で「こども」が凶悪犯罪に巻き込まれる事件が多発しており、大きな社会問題となっていることから、個人タクシー業界の社会貢献活動の一環として、警視庁、東京都の協力を得て、タクシーの特性を活かし、犯罪に巻き込まれやすい「こども」の安全を確保するとともに、安全な地域社会づくりに貢献することを目的として実施します。

「タクシーこども110番」の車両は、目印として車体にステッカーを貼ってあります。
怖い目に遭ったり、遭いそうになったら、タクシーに助けを求めるよう普段から「こども達」に教えてあげてください。

【活動内容】

助けを求めてきた「こども」を保護し、110番通報等を行います。

《具体的手順》

  1. こどもの保護
    こどもを車内に保護するとともに、落ち着かせ、安心させます。
  2. 事情を尋ねる
    こどもに、いつ、どこで何があったかを尋ねます。
  3. 110番への通報
    「タクシーこども110番」通報であることを告げ、現在地及び状況等を通報します。
  4. 警察の指示を受ける
    こどもをタクシー車内に保護した際は、その後どのように対処するか警察の指示を受け、こどもの安全の確保に努めます。

【表示ステッカー】

「こども達」にわかりやすい目印として、左のリアピラーにステッカーを貼付しています。

kodomoiti.jpg

kodomosutekka.jpg

▲このページのトップへ